面白い太陽系の知識 その弐ー水星4/最新动态

HOME > 最新动态 > 面白い太陽系の知識 その弐ー水星4

面白い太陽系の知識 その弐ー水星4

すいせい(Mercury)  
きょだいなだんがい
水星すいせいには巨大きょだい断崖だんがいのような構造こうぞうがいくつも発見はっけんされています。なかにはながさが350km、たかさが3kmにたっするものもあります。

これらの断崖だんがいは、水星すいせいえて収縮しゅうしゅくしたためにできたとかんがえられています。断崖だんがいはクレーターを横切よこぎってはしっていますので、断崖だんがいができた時代じだいはマグマオーシャンの時代じだいわって表面ひょうめんかたまり、おおくのクレーターが形成けいせいされたあとのことです。水星すいせい直径ちょっけいは2kmほどちぢんだとみられています。このような現象げんしょうがおこったのは、水星すいせい内部ないぶてつ主成分しゅせいぶんとするコアがおおきいことと関係かんけいしています。おおきなコアがえて収縮しゅうしゅくするにつれて地殻ちかく収縮しゅうしゅくし、断層だんそうがつくられたのでしょう。
ながさ300kmにおよぶきょだいなだんがい
左上ひだりうえから右下みぎしたにかけて、ながさ300kmにおよぶ巨大きょだい断崖だんがいはしっています。このような断崖だんがい水星すいせいでいくつも発見はっけんされています。
写真しゃしん:NASA)
写真しゃしん中央ちゅうおうながさ350kmにおよぶ巨大きょだい断崖だんがいはしっています。ディスカバリーがけづけられたこのがけたかさは、最高さいこう3kmにもたっします。
写真しゃしん:NASA)
ディスカバリーがけ

 

< 面白い太陽系の知識 その弐ー水星3  |  一覧へ戻る  |  面白い太陽系の知識 その弐ー水星5 >

このページのトップへ