豆知識161207ー地上で雪が降る目安/最新动态

HOME > 最新动态 > 豆知識161207ー地上で雪が降る目安

豆知識161207ー地上で雪が降る目安

地上ちじょうゆき目安めやす

ちじょうでゆきがふるめやす

四季しきつうじて毎度まいどおなじみのあめと、ふゆから春先はるさきにかけぞらからちるゆきとでは、
かんじや影響えいきょうまったちがいますが、もとをたどればおなじものです。
そらかぶくもは、上空じょうくう場合ばあい気温きおんひくく、氷晶ひょうしょうちいさなこおりつぶ出来できています。
この氷晶ひょうしょうした過飽和かほうわ状態じょうたい水蒸気すいじょうきそうくも)を通過つうかするときに次第しだい発達はったつし、
ゆき結晶けっしょうとなります。それがさらおおきくなりながら地上ちじょう付近ふきんちてくると、
けてあめになります。
ゆき場合ばあいは、ふゆ地面じめん付近ふきんさむくてけずに、そのままちてきたものです。

普通ふつう上空じょうくう気温きおん平均へいきんするとたかさ1000mがるごとに、
やくじゃく割合わりあいひくくなります。寒波かんぱ目安めやすは、テレビ・ラジオの放送ほうそうで、
よく使つかわれるのが上空じょうくう5500mの気温きおんです。
マイナス30以下いかですと、地面じめん付近ふきんは0くらいで、上空じょうくうゆきけずに
そのままちてくる状態じょうたいです。
おなじように1500m上空じょうくうはマイナス6以下いかという目安めやす使つかわれます。

うえでしっかりこおった場合ばあいは、地面じめん付近ふきんが3以下いかでもゆきわってきます。
これからの季節きせつゆき心配しんぱいほうは、マイナス30せんがかかるかどうか、
地上ちじょう気温きおんが3以下いかがってくるかどうかにも注意ちゅういしてみてください。

< 豆知識161206ー12月は雨から雪へ  |  一覧へ戻る  |  豆知識161208ー静電気を防ぐコーディネート >

このページのトップへ