豆知識170215ーツルの北帰行/最新动态

HOME > 最新动态 > 豆知識170215ーツルの北帰行

豆知識170215ーツルの北帰行

ツルのきたぎょう

ツルのきたきぎょう

あき中国ちゅうごく北東部ほくとうぶやシベリアからわたってくるナベツルやマナヅルたち。
ふゆあいだは、ほとんど山口県やまぐちけん鹿児島県かごしまけんごしています。
そのなか越冬えっとうとしては鹿児島県かごしまけん出水市いずみし有名ゆうめいです。
毎年まいとしまんものツルが越冬えっとうしているのです。

そろそろきたぎょうきたかえる)がはじまります。
グラフは平成へいせい11ねんきたいきのために飛び立とびたったツルのすうです。
鹿児島県かごしまけんツル保護ほごかい観測かんそく
きたいき例年れいねんがつ中旬ちゅうじゅんごろからはじまり、下旬げじゅんにかけてかずえていきます。
そして3がつがピークです。
にちに2000えるツルが飛び立とびたったもありました。
そして4がつ上旬じょうじゅんにはほとんどのツルが繁殖はんしょくかえってしまいます。

天気てんきによってもかずるそうです。
南東なんとうかぜなどのときおおくのツルが飛び立とびたちます。
あまりかぜつよかったりあめったりすると
わたりの途中とちゅうでも出水しゅっすい引き返ひきかえすことがわかっています。
これを逆行ぎゃっこうわたりといっています。

わたりのときたかさは?
海上かいじょう陸上りくじょうとも100~200メートルのことがおおいようですが、
れて空気くうき澄み渡すみわた見通みとおしがきくときはたかく、
春霞はるがすみや、くもり、小雨こさめのときはひくぶようです。

出水しゅっすいではツルがはるおとずれをしらせてくれるのです。

< 豆知識170214ー花粉は昼と夕方に多い  |  一覧へ戻る  |  豆知識170216ー低気圧のコース >

このページのトップへ