2020年4月/最新动态

HOME > 最新动态 > アーカイブ > 2020年4月

2020年4月

网络授课的相关情况

由于新冠肺炎疫情的影响,4月7日开始,东京都发表了紧急事态宣言。和阳日本语学院也本着以学生及教职工的健康安全为第一的原则,在4月以半自习半网课的形式进行了调整。截止目前为止,实践性的结合布置课题使用ZOOM进行了授课。并取得了不错的效果,大大降低了学生的出勤通行频率。因此,5月11日起,校方将进行正式的网上授课。

通过向全体在校生发布网上问卷调查,确认所有在校生的在宅网络情况,开放提供WiFi教室(由于需要坐席安排,实行申请制)等措施,尽量让每一位同学能够安心参加网课。

另外,对于还未入学的各位同学,可以安排一些学习日语的时间。例如每天在规定的时间内,背诵单词,练习阅读等。

我们整个教师团队都在为各位同学能够安心学习做着积极地准备。请各位同学在保证身体健康的同时,努力学习日语吧!

网课网课.jpg

 

 

日本政府发放10万补助的问题

由于新冠病毒肺炎的影响日本政府决定只要住所登录过的住民都可以领到10万日元的补助。

具体内容参考产经新闻的报道。

链接:https://news.yahoo.co.jp/articles/a3aabe5c104e130cb5e63ce9889a83e02121669c

【Q&A】10万円いつ、どうすればもらえる? 届いた申請書を返送

配信

産経新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済対策として、1人10万円の一律給付閣議決定された。いつ頃、どのような形で私たちの手元に届くのかまとめた。 【Q&A】現金給付、30万円だと何が問題?  Q 給付対象と時期は  A 4月27日時点で住民基本台帳に記載がある人が対象となる。給付申請の受け付け開始は市区町村によって異なり、早ければ5月中にも始まる見通し。申請期限は受け付け開始から3カ月以内となる。  Q どうすればもらえるのか  A 住民基本台帳を基に、市区町村が、世帯全員の氏名が記載された申請書を郵送するので、世帯主かその代理人が銀行の口座番号などを記載し、運転免許証の写しなど申請者を確認できる書類を添付して返送すれば、世帯分の給付金が口座に振り込まれる。マイナンバーカードがあればオンライン申請も可能だ。  Q 外国人や海外にいる日本人は給付対象か  A 住民基本台帳に記載されていれば対象となる。逆に日本にいても記載がない人は受け取れない。  Q 受け取りを希望しない人は  A 申請書の氏名の横に「希望しない」というチェック欄があり、受け取らないという選択も可能だ。その場合、国の予算として今後活用される。  Q 世帯ごとの給付だと不都合な人もいる  A ドメスティックバイオレンス(DV)などで住民票を残して別居しているケースもあり、今後、対応を検討する。  Q 暴力団の構成員なども給付対象になるのか  A 総務省は現状の仕組みでは排除できないとしており、今後の検討課題だ。

和陽日本語学院の新校舎完成!

コロナウイルスの影響で
 
外に出る機会が減少していると思います。
 
こういう状況を切り抜け、新しい未来を
 
切り拓いていくには、方法があります。
 
それは勉強することです。
 
一人一人が自分の夢をもう一度確認し、
 
前に進んで行きましょう。
 
私たち、いつもあなたのことを応援しています。
 
 
和陽日本語学院の新校舎ができました。
 
高田馬場駅から徒歩1分です。
 
新しい環境で一緒に頑張りましょう!
校舎.jpgのサムネイル画像
 
 
 

保持卫生习惯,加强个人防护

    目前,全世界范围内新型冠状肺炎疫情仍在蔓延中,对此我们表示非常的痛心,并且向战斗在一线的全世界医护人员表示敬意和感谢。

    根据医疗专家的介绍和科普,我们个人通过做好自我防护,保持优良的个人卫生习惯,可以有效的降低感染风险。

    首先,勤洗手。每次洗手需要使用洗手液,肥皂等保持20秒以上。

微信图片_20200406111634.jpg

    第二,戴口罩。外出去人多或通风换气不好的地方时尽量戴口罩。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

        第三,尽量减少外出。疫情期间,可以尽量避免外出,减少与他人接触。作为普通人的我们,可以在非常时期不聚会,不聚餐,少出门,尽量远离密闭和人群聚集的场所。更可以在这一段难得的时间里学习正确的健康知识,降低感染风险,提高防护意识。

 

 

 

    

« 2020年3月 | メインページ | アーカイブ | 2020年6月 »

このページのトップへ